出版情報

会員の著作を紹介させていただくコーナーです。住居の会会員に紹介する最近のご著書をご紹介下さい。

出版情報掲載お申し込み

住まいのノート

20170218「住まいのノート」表紙 磯野・吉村

住まいのノート
著者 磯野淳子(25回生) 吉村今日子(31回生)
定価 800円(税込み)
出版 桜工房
ISBN   978-4-9909057-0-5

住まいについて一冊にまとめて記録しておくノートです。「家の間取り」「家具・家電品リスト」「ライフプラン」「メンテナンス記録」などをノートに書き留めることによって新しい気づきや発見があるかもしれません。家が大切に使われ暮らしが豊かになることを願って「住まいのノート」を企画しました。

 

 

地球とつながる暮らしのデザイン

51ulr+Zx1ML地球とつながる暮らしのデザイン
著者:小林光 、 豊貞佳奈子 (44回生)
出版: 木楽舎 (2016/6/8)
価格:1800円+税
ISBN-13: 978-4863240995
環境と仲のよい世の中を自分から楽しくつくる、50人の知恵を結集!
本書は、サスティナブルな暮らしを楽しくつくる方法を多面的に紹介します。
それぞれの分野を研究している方や、取り組んでいる企業の方から、とっておきのアイデアを寄せていただき、一冊にまとめました。
暮らしを大切にし、自然を愛しむ、そうした全ての人々に手にとっていただき、
参照してもらえるような、やさしい本を目指しました。
そして、地球とつながる心地よい世の中を、私たちからつくりましょう。

インテリアデザインの歴史


著者:ジョン・パイル著、91pw934KBrL
共訳;田島恭子(20回生)他
出版:柏書房 (2015/2/13)
価格:28000円+税
ISBN-13: 978-4760145263
古代から現代までのインテリアの歴史を豊富な図版で詳説
アメリカの大学などでの定番教科書を、海外体験豊富な研究者たちが、それぞれ得意分野を分担して翻訳した。

富永譲・建築の構成から風景の生成へ


著者:富永譲
!cid_D18ACCDB-D339-4320-AF7D-FCF460AD512E出版:鹿島出版会
価格:3,672円
ISBN-13: 978-4306046245
設計、批評、研究、教育の現場で多大な足跡を残してきた建築家・富永讓。最終講義、主要論考、90年代以降の代表作に、槇文彦や伊東豊雄、妹島和世ら友人との対話をおさめた本書は、45年にわたる活動の総決算である。

近居—少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか

分類:住居論・住居学20140713
著者:大月敏雄、住総研編著
出版社:学芸出版社
頒価:1,900+税円
親子がスープの冷めない距離に住み合い、子育てを手伝い、調子が悪くなったときに面倒を見るといった、自然な協力関係が見直されている。これからの政策、計画の目標としてコミュニティ形成などと同様に、近居を望む人は容易に実現できる住宅地や住宅のあり方が必要だ。初めて近居を正面から取り上げその可能性を論じる。
(20回生 在塚礼子が10章、44回生 横江麻実が3章を執筆)

みつわちょうにいきたいな

分類:そのほか20140513
著者:文:三和町を語り継ぐ会・絵本チーム、絵:いのうえすみこ
発行者:三和町を語り継ぐ会
頒価:1,200円
三和町とは70年ほど前に住宅営団が計画・建設したモデル的な住宅地です。戦後払い下げられたあとは住民たちが熱心にこのまちを育ててきました。今も名を変えて埼玉県蕨市の一部に息づく実在するこのまちの歴史を次世代に語り継ぐために絵本をつりました。女の子が時空を超えてまちを旅する絵本には解説編がついています。
20回生の在塚礼子を中心としたチームが住民とともにつくりました。
お問い合わせ・お申し込みは info@mitsuwa-cho.com まで。

アルバムの家

分類:住居論・住居学
著者:女性建築技術者の会
出版:三省堂
価格:1,890円
ISBN:4385362734
建築に携わる女性が、自分の育った家と暮らしを10歳の頃のみずみずしい感性でつづった33の家物語。全部間取り図付き34回生廣田文子さんの他に2名卒業生が執筆しています。

第3の住まい コレクティブハウジングのすべて

分類:住居論・住居学20120831
著者:小谷部育子+住総研コレクティブハウジング研究会
出版:株式会社エクスナレッジ
価格:1,680円
ISBN:4767814243
分譲でもない、たんなる賃貸でもない、超高齢少子化の時代に求められる集合住宅の第3の住まいとして、コレクティブハウスが今、注目されています。どのような人たちが、どのような住み方をしているのか。そこに暮らすことで日々の暮らしに、そして人びとの心にどのような恩恵をもたらすのか。コレクティブハウジング研究の第一人者、小谷部育子(日本女子大学名誉教授)と住総研コレクティブハウジング研究委員会が、日本のコレクティブハウジングの現状と将来を解き明かした本です。3.11を体験した私たちは、隣人とのつながりのある生活が、人びとの命をも救うことを知りました。孤立化する都市居住に、自立共助、多世代居住のコレクティブハウジングが広がっていくことを願って編集された一冊です。

大震災・大災害に強い家づくり、家選び

分類:そのほか
著者:井上恵子
出版:朝日新聞出版社
価格:1,680円
ISBN:4023309737
東日本大震災後、住宅の「大震災・災害への対策」の意識は、所有者・新規購入者を問わず非常に強まっています。こうした現状を踏まえ、ハザードマップや、災害に強い土地の見分け方、安全・安心な建築構造の基礎知識、住宅性能表示の見極め方、耐震リフォームの方法、室内の家具転倒防止対策、防災対策等を豊富な図解を交えて解説しました。大震災・大災害のリスクに備えた家づくり、家選びのノウハウの紹介と安全・安心なマイホームの知識・情報を収録しています。

住まい方から住空間をデザインする

4395008844分類:住居論・住居学
著者:林知子・大井絢子・林屋雅江・前島諒子・塚原領子
出版:彰国社
価格:2,730円
ISBN:4395008844
人間が築き上げてきた歴史や文化には、互いに助け合い、自然と共生する住まいやまちづくりの知恵がある。本書は、私たちの普段 の生活行為(「眠る」「食べる・つくる」「着る」「排泄・入浴」「ふれあう・くつろぐ」「子供を育てる」「高齢者が住む・安らぐ」「暮らしを管理する」) から、住空間のあり方をまとめたものである。2000年発行の第二版を経て今回、多様化する現代生活の変化にあわせて改訂された。

面倒くさがりの人も上手くいく 即効片づけ術

著者:すはらひろこbkt32435463ps
出版:三笠書房知的生きかた文庫
価格:580円
ISBN:9784837978763
住まいの快適度を左右するのが収納です。いつも思い通りに片づけることができたら、家庭生活がもっと充実します。
整理収納のプロとしてメディアを通じて、様々な収納スタイルを提案中。その一つとして今回は、片づけることがちょっぴり苦手な読者に、前向きなメッセージをこめて執筆した本です。

『ジェイ・H・モーガン アメリカと日本を生きた建築家』

著者:水沼淑子4-mizunuma
出版:関東学院大学出版会
価格:2,500円
ISBN:978-4901734271
丸ビル建設のために来日し、関東大震災後の横浜で活躍したアメリカ人建築家ジェイ・H・モーガン。
本書は謎に包まれたモーガンの人生と作品について明らかにしたものである。

同潤会 大塚女子アパートメントハウスが語る

著者:女性とすまい研究会編3-koyabe
(小川信子、村上美奈子、渡邊喜代美、小谷部育子、寺本晰子、宮本伸子、中村直美)
出版:ドメス出版
価格:2,520円(税込)
ISBN:978-4-8107-0735-9
昭和の初期、自立を目指した女性たち、単身職業婦人専用の集合住宅として建設された大塚女子アパートメントハウス。その生いたちから終焉までを、そこで暮らした人々の語り、外国の例、保存・再生のために活動した経緯など、感動的に記録。豊かな住環境はどうしたら作り・継承されるのか、専門家と共に考える。

Aqua-scape :The Nature-oriented Architecture of Ryumei Fujiki

著者:佐藤由紀子/藤木隆明2-satou
出版:Cornerhouse Publications(England)
価格:14ポンド/1,900円
ISBN:978-0-9540748-2-1
分類:建築計画・建築設計
本書は、イギリスで開催され好評を博した展覧会「Aqua-scape展」のカタログに日本語を加えて出版されたもの。展覧会では、2006年の大地の芸術祭(越後妻有)で発表され、The AR Awardにも入選した《Aqua-scape》がニューバージョンになって展示されました。また、国際コンペグラン プリを含む新しい環境建築のアイデアが、Solar,Air,Water,Ground,Auroraなど8つのキーワードにまとめられています。《Aqua-scape》の制作型紙を表紙カバーとしてデザインするなど、展覧会の要素を凝縮したコンセプト・ブック。
詳しくはhttp://www.fads-design.jpまで。

エイジング・イン・プレイス 超高齢社会の居住デザイン

1-yokoe著者:大阪市立大学大学院生活科学研究科 × 大和ハウス工業 総合技術研究所 編著
出版:学芸出版社
価格:2,800円
分類:住居論・住居学
2020年には65歳以上高齢者が全人口の3割を占める。本書では超高齢社会における「安心といきいき」実現のための居住デザインについて考える。とりわけ高齢者のコアである団塊世代に焦点をあて、「2020年におけるライフスタイルや居住ニーズ」「これから重要となる居住スタイル」「『安心といきいき』の条件」について議論し、「安心といきいき」実現のための「AIPスポットの地域展開」を提案した。 (横江麻実(44回生)が2章-2「近居における生活ニーズとQOL」を執筆)

銀座を歩く

ginzawalk著者:岡本哲志(2008年見学会講師:岡本哲志都市建築研究所主宰)
定価:1,890円(税込)
出版:学芸出版社
ISBN:978-4-7615-1253-8
最新のショップと老舗、新旧のビルが混在し、多様な表情を湛える街・銀座。変遷する建物や街のなかで、歴史の面影をひっそりと残す空間や、変わらない暮らしを感じるとっておきのルートを、長年、銀座のまちづくりに関わってきた著者が隅々まで案内する。路地を駆け抜け、江戸・煉瓦街・モダン都市の世界へタイムスリップ。

鎌倉 まちのいろは

著者:鎌倉いろはの会/作 伊東雅江/絵
定価:1,050円(税込)
出版:冬花社
ISBN:978-4-925236-48-5
山田初江氏(1回生)が発起人になって鎌倉で活動している「鎌倉いろはの会」が、とても素敵なまちづくり教材絵本「鎌倉 まちのいろは」を出版されました。まちづくりの基本ルールを学ぼうと、市民と行政と専門家が協働して「まちづくり講座」を立ち上げたのが、2005年。その内容を絵本にしたということです。絵も魅力的ですが、専門的な都市計画にかかわる制度や条例など、専門的な知識も分かりやすく解説してあります。
書店では手に入りにくいので、ファクシミリでの注文書をご利用下さい。

⇒注文書のダウンロードはこちらからどうぞ

江戸東京の路地

edo_tokyo著者:岡本哲志(2008年見学会講師:岡本哲志都市建築研究所主宰)
定価:1,995円(税込)
出版:学芸出版社
ISBN:4-7615-1215-6
歓楽街、門前町、市場、抜け道、行き止まり…。地形やかつての都市構造の痕跡を残しながら、歴史の流れの中で変遷してきた東京の路地。成長する都市の隙間の佇まいは、往時の人々の生活が甦ってくるようです。時代や成り立ちによって様々な表情を持つ路地空間を読み解き、実際に潜り込んで体感しながら、その魅力に迫ります。

銀座四百年 都市空間の歴史

ginza著者:岡本哲志(2008年見学会講師:岡本哲志都市建築研究所主宰)
定価:1,680円(税込)
出版:講談社選書メチエ 377
ISBN:4-06-258377-1
江戸の誕生から町人地としての発展、明治の煉瓦街建設からモダン都市成立、そして戦後の変容。魅力あふれる銀座という街の空気は、幾重にも重ねられた、都市の歴史が作り出したものでした。都市研究者が自身の足で街を歩きつくし、資料を丹念に読み込み、銀座の構造と進化の過程を鮮やかに描き出します。

求道学舎再生 集合住宅に甦った武田五一の大正建築

gudogakusha著者:近角よう子(20回生)
定価:2,520円(税込)
出版:学芸出版社
ISBN:978-4-7615-2429-6
築80年の学生寮が11戸の集合住宅に再生・活用されるまでのみちのりを、設計者であり施主であり住人である近角よう子氏(20回生)が綴りました。なお、求道学舎の保存・再生事業により近角真一氏、よう子氏他は日本建築学会賞(業績)を受賞されています。「アーカイブ」に求道学舎スライドショーを掲載しています(07年10月撮影)

愛と哀しみのル・コルビュジエ

0911cover著者:市川智子(46回生)
定価:2,000円(税込)
出版:彰国社
ISBN:4395240062
ル・コルビュジエとあなた、わたし、彼女、かれ・・・。モダニズムの巨匠ル・コルビュジエではなく、1965年、コートダジュールの波間に消えたひとりの男性の、<住人と建築家のあいだの、住むことをめぐる対話>の物語。スイスからフランス、はたまたインドまで、建築をとおして人生をたのしむ秘訣をエッセイ&マンガで描きました。

5分間『整理・収納』BOOK

4837977057著者:すはらひろこ(28回生・院1回生)
定価:560円(税込)
出版:三笠書房
ISBN:9784837977056 (4837977057)
持ち物の多い日本の暮らしでは、モノとのつき合い方が家の居心地に直結します。住まいをデザインするときに、住み手と一緒に考えたいテーマが整理収納です。

小さな建築

20080226著者:富田玲子(第4回林賞選定委員長)
定価:2,310円(税込)
出版:みすず書房
ISBN:9784622073475 C0052
第3回、第4回林雅子賞の選定委員長をなさった建築家富田玲子氏の最新作。-「象設計集団」の創設メンバーとして、地域に根ざした多様な空間を生み出しつづける著者が、共同性の思想とみずからの建築設計のプロセスをはじめて語る。人も風も光も木も鳥もともに呼び込む、よろこびあふれる建築論-(アマゾン書評より)

朝、着る服に迷わない ハッピー収納術

著者:すはらひろこ(28回生・院1回生)20080225
定価:1,470円(税込)
出版:大和書房
ISBN:9784479781790
ワクワクするようなクローゼットと服の整理法について、イラストとともにオシャレにまとめた1冊です。

頭のよい子が育つ家

20070528著者:四十万靖 渡邊朗子(39回生)
定価:1,365円(税込)
出版:日経BP社
ISBN:4822245217
有名中学合格者の自宅を徹底調査。11ケースを取り上げ、おうちをどのように使ってお子さんが勉強しているのか、イラストと文章とで解説。一軒家、マンション、アパートとさまざまな間取りの家やさまざまな家族のケースを掲載。 (出版社 / 著者からの内容紹介)

西洋住居史・石の文化と木の文化

20051007著者:後藤 久(元住居学科教授)
定価:2,730円(税込)
出版:彰国社
ISBN:4395007600
この秋に出版された「西洋住居史・石の文化と木の文化」を一読し、時代を追って次々と展開する話に引き込まれながら「そうだったのか」と目からうろこで、改めて住居史の楽しさを感じました。(・・・中略・・・)お洒落でかわいい表紙カバーのイラストは安座上真紀子氏(31回生)の作品。
日本建築学会賞論文賞受賞。
推薦のことば : 住居学科教授 小谷部育子

絵典・世界の建築に学ぶ知恵と工夫

著者:ジョン・S・テイラー
翻訳:後藤 久(元住居学科教授)
定価:1,680円(税込)
出版:彰国社
ISBN:4395050824
900年以上も前にプエブロインディアンが使っていた太陽熱利用の暖房設備や、13世紀に中東で作られた天然の冷房装置、あるいは中国で造られた泥の家、そして日本で500年以上もの間使われている畳のようなモデュールによる建築などを紹介している。「建築と自然共生」。後藤先生の著作の中でベストセラー。

最新住居学入門

4407304626監修:後藤久
著者:飯尾昭彦 定行まり子 下村律 鈴木賢次 水沼淑子 後藤久
定価:1,575円(税込)
出版:実教出版
ISBN:4407304626
自然風土や文化、家族観から様々に規定される住まい。よりよい住居のための設計や購入・管理・インテリアに至るまでを考察する、住居学の入門書。多くの方から「役に立つ」「わかりやすい」と好評の本です。
元住居学科教授、住居学科教授の監修・共著です。

住宅リフォーム計画2006

4761523816著者:沖田富美子(13回生・住居学科教授)・井上恵子(39回生)・金子智子(39回生)
定価:2,730円(税込)
出版:学芸出版社
ISBN:4761523816
老朽化やライフスタイルの変化に応じて、既存住宅に手を加えて住み続けるリフォームの需要が増えている。本書は、実際の計画にあたって必要な知識および関連する法規・構造の要点をまとめるとともに、リフォーム特有の注意点や部位別の手法などをイラストを交えてやさしく解説。多様な要望に応じたプランニング事例も掲載。
著者3人とも住居学科の卒業生です。

教育用Webコンテンツ 初学者のためのビジュアル版総合教材 -木造住宅の一生-

著者:日本建築学会(石川孝重共著・住居学科教授)
出版:独立行政法人メディア教育開発センター
木造住宅の企画・設計・施工の詳細をはじめ、地震や台風、火災時の対応から解体まで、木造住宅に関わる内容をこの1枚に凝縮したDVDです。

はじめてまなぶ ちからとかたち

4818922102著者:日本建築学会(石川孝重共著・住居学科教授)
定価:1,995円(税込)
出版:日本建築学会
4818922102
学習する人たち自身が簡単な構造模型で構造の仕組みを実感できる一冊です。

建築構造パースペクティブ(Structural Engineering Perspectives)

4818904104著者:日本建築学会(石川孝重共著・住居学科教授)
定価:3,255円(税込)
出版:日本建築学会
ISBN:4761523816
一般の建築に興味を覚える教養人にとって、建築構造を考える一助となり、より豊かな発想へのきっかけを提供する一冊です。

スウェーデン陶器の町の歩み-グスターブスベリィの保存と再生

200703著者:小川信子(元住居学科教授) 藤井恵美
定価:2,835円(税込)
出版:ドメス出版
スウェーデンのグスターブスベリィは、ストックホルムから1時間以内で行ける風光明媚な場所で、陶器産業発祥の地でもある魅力的な町。町の創生と発展の歴史を辿り、居住環境の実態を考察する。(「MARC」データーベースより)

写真でたどるヨーロッパ建築インテリア大事典

200701著者:田島恭子(20回生)
定価:15,750円(税込)
出版:柏書房
古代から現代までの建築とインテリアの様式の変遷をたどる。現存する歴史的建築物を各地に訪ねた著者が、自ら撮影した写真に丁寧な解説をつけている。(朝日新聞書評、2月11日朝刊より)

日本住居史

20060425著者:水沼淑子(26回生) 小沢朝江 共著
定価:3,990円(税込)
出版:吉川弘文館
生活の器であり、時代と文化を映す鏡ともいえる住居の歴史を探る。
弥生人の集落から現代「2DK」までを考察し変化する家族、個人の生活のあり方を問う本。(「BOOK」データベースより)

ようこそ森へ

20051115著者:森の学級(自費出版)
定価:1,300円(税込/送料別 210円)
出版:ドメス出版
中野区の北部に江古田川を境として小さな樹林があります。貴重なみどりに接して子どもも大人も犬や小動物も、みんな森は楽しいなあ、ワクワクするよ。そして森は不思議がいっぱい。行くたびに発見があり、おどろき、感動し、その心地よさに大きく深呼吸して、幸せになってしまうの。この絵本のような記録をごらんになって私も行ってみようと思っていただければうれしいことです。
※店頭販売はしていませんので、購入希望者は玉置まで(03-3386-9428)
森の学級 玉置 好子(6回生)

バリアフリー住まいをつくる物語

20050721著者:高齢者の住まいをつくる会編 吉田紗栄子(16回生)他
定価:2,520円
出版:三輪書店
毎日現場を飛び回っているバリアフリー設計の実務者が物語る住まいづくり事例とそのテクニックを伝授してくれる本。僕も長年携わってきた「バリアフリー」をもう一度考えてみる機会がここにあることを、うれしく思っている。
日本大学理工学部教授  野村歡 (本書より)

定年前リフォーム

20050425著者:溝口千恵子(11回生) 三宅玲子 共著
定価:693円(税込)
出版:文芸春秋社 文春文庫
空いた子供部屋の利用術から、老後を視野に入れたリフォーム、住み替え・田舎暮らしまで、家での時間を快適に過ごすためのプランと提案。少し発想を変えるだけで、自分のやりたいことが実現できる居場所作りのノウハウをお教えします。(本書より)

英国住宅物語ナショナル・トラストの創始者オクタヴィア・ヒル伝

20041221著者:E. モバリー・ベル
翻訳:平弘明・松本茂 訳
監訳・解説:中島明子(19回生)
定価:2,940円(税込み)
出版:日本経済評論社(2001年)
ヴィクトリア時代末期、ロンドンを中心に活躍したオクタヴィア・ヒルは、都市貧困者の主体的改善意欲に依拠した居住改善と、環境破壊との闘いを経てナショナル・トラストを設立しました。その伝記です。「地域資源を活かしたまち育て」に、大いに参考になると思います。

ホームレスと住まいの権利 住宅白書2004‐2005

20041221_2著者:中島明子(19回生)編著 日本住宅会議編
定価:3,360円(税込み)
出版:ドメス出版
2002年に「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」が制定されましたが、ホームレスの人々の実態、居住支援、海外の動向など、『ホームレス』問題の全体像が分かる本です。現在各自治体で対応策が作成されている時期でもあり、参考になると思います。

いきいき暮らせるまちを求めて-高齢者に配慮したまちづくりのあり方-

book_005著者:齋藤 泉(39回生)
定価:1,500円(税込み)
発行・発売:(社)全国市街地再開発協会
一般書店では販売していないので、希望者は著者saito.izumi@obayashi.co.jpまで ご連絡下さい。高齢者が住み慣れた環境で自立的な生活を送り続けるには、介護サービス等のソフト、住宅や施設というハード、そして「まち」について、総合的に考えていかなければなりません。 本書は、高齢社会の現況・行政の取り組み・高齢者施設の供給状況を整理すると共に、整備事例の調査・分析を行っています。(著者のことばより)

コレクティブハウジングで暮らそう -成熟社会のライフスタイルと住まいの選択―

book_001著者:小谷部育子(16回生)
定価: 2,300円(税別)
発行: 丸善株式会社(2004年6月)
発売: ユック舎
2003年6月、日本ではじめての本格派コレクティブハウス「かんかん森」が誕生しました。 (・・・中略・・・)本書では、少子高齢化、単身世帯の増加や核家族化による孤立感、家族だけの子育てや介護の不安など今後の日本を考える時、新しい住選択の一つとして大きな可能性を持つ「コレクティブハウジング」の魅力を紹介します。(本書前書きより)

粗住感覚 -女はラクに暮らす-

book_002著者:稲田深智子(いなだ みちこ 26回生)
定価:1,500円 (税別)
発行:レヴェール編集室
発売:ユック舎
「住まいのことについては、建築家はエエカッコシイの難解な言葉を駆使しないで、わかりやすいメッセージを送らないと、衣食と比べて住への関心は薄いままだよ、と思っていた。 (・・・中略・・・)建築とはそもそもそんなに難しいものではないのだから、住まいのことも、暮らしのこともうつくしいものとはどういうものかも含めてわかりやすく語れたら、と思っていた。」 (著者あとがきより)

暮しのバリアフリーリフォーム

book_003著者:安楽玲子(あんらく れいこ 20回生)
定価:700円 (税別)
発行:岩波書店
「安全に安心して暮らせる家に変えるためのリフォームを,事例中心に紹介.「住まいの介護力」を高めるヒント満載.
「もっと介護しやすい家に」「将来もずっと自宅で過ごしたい」.安全に安心して暮らせる住まいに変えるためのリフォームを,手すりの設置や杖の使用など移動を助ける様々な方法,トイレや浴室の改修,段差の解消,座って調理できるキッチンなど,事例を中心に紹介.これからリフォームをする時の進め方も具体的にアドバイス.

住空間の家族学 -「心・体」感覚で考える-

book_004著者:山田初江 (1回生)
定価:3,400円(税別)
発行:彰国社
『読者の対象は、建築を学ぶ学生、戦前の暮らしを知らないで個人住宅、集合住宅を手がけている専門家、そして住宅に興味をもつ一般の方々にも読んでいただきたいと、随分欲張っている。』 (本書まえがきより)