ふじようちえん見学会報告

「ふじようちえん見学会」

2017年7月6日 「ふじようちえん」の見学会が行われました。当日は夏の暑い日差しの中57名が参加されました。立川駅からバスに乗り15分、大山団地で降りると、公園や畑が広がる環境の中に円形の外壁がみえてきます。まず入口脇のFujiキッズテラスの1階で、手塚建築研究所の酒井氏から建築の説明を受けた後、加藤碩一園長のお話しをお聞きし、続いて園内を案内していただきました。

■ふじようちえん概要

1971年立川藤幼稚園開園、1998年学校法人みんなのひろば 藤幼稚園となる。モンテッソーリ教育(子供が本来持っている自ら育つ力を引き出し洗練させるプログラム-パンフレットより)を基本に幼児教育を実施。

2007年:現在の建物に建て替え、2008年日本建築学会賞、日本建築家協会賞、他多数受賞。

クリエイティブデレクター:佐藤可士和、建築設計:手塚建築研究所(手塚貴晴・由比)、施工:竹中工務店

幼稚園児:642名、教職員69名(外国人14名を含む)、その他:保育室スマイルエッグス(0~2歳)30名、スマイルキッズクラブ(会員制一時預かり)68名、学童保育、親子教室

fuji01

建物はドーナツ形で、教室、職員室が芝生の中庭を囲んでいます。建具は全て天井までの木製引き戸で、開放すると芝生の中庭と一体となって、子供たちが元気に走り回っています。

子供たちが育つ為の様々な仕掛が工夫されています。遊びを通じて大切なものを養っていく事が重要との園長先生のお話しがありました。

fuji02

屋上は無垢板貼で、外周183メートルの運動場、見学した日は暑い日でゴムのプールが設置され、子供たちは大はしゃぎで水遊び、楽しそうでした。

昔からの欅の大木3本あり、屋根を突き抜けて生えて、涼しげな木陰を作っていました。

fuji04

加藤園長先生のパワフルなお話しを聞きながら、施設全体を案内していただきました。

子供達は大勢の見学者がいても、気にせず自由に走り回っていました。園長先生のお話では、見学者は月平均200名あり、海外からの見学者(特に中国から)も多数来られるそうです。

fuji05

園長先生のデスクは中庭に直接面して、引き戸は開放されています。子供達全体を見守ることができます。近くの畑から、子供たちの取ってきた野菜など並べられて、お店のような賑やかさです。

fuji06

中庭を囲んで、3年~5年のクラスルーム、ライブラリー、職員室が配置されています。

さくら、きく、ばら、すみれ、チューリップなど花の名前がつけられています。天井から下がっている紐は照明のスイッチ。各室は高さ1800の家具だけで仕切られて、いろいろな音が聞こえてくる中でも子供達は集中しています。

fuji07b

教室の中庭に面する引き戸は曲線のレールが天井にきれいに埋め込まれて、中と外が一体になります。庇の下は開放廊下です。

子供達はみんなそれぞれ、好きな色のTシャツを選んで着ています。

背の高い英語の先生、庇の天井にとどきそうです。

プールからあふれる水は樋に集まり、滝のように園庭に落ちています。子供達がその下でまた水遊びをしています。

fuji08b

屋上にはいろいろな形のトップライトがついていて、下のクラスルームを明るくしています。下の園庭に滑り台で降りていく事もできます。

大きな欅は屋上にそのまま突き抜けていて、周りは子供達が落ちないようにネットがはられています。

この環境の中で育った子供たちが、これからどのように成長していくのか楽しみです。

fuji10b

RIMG09

■今回在学生にも参加を呼びかけましたが、応募がありませんでした。今後募集方法や日時などを検討して、学生も参加しやすい工夫をしていきたいと思います。また集合場所の案内などが分かりづらかったとのご指摘がありました。反省点として今後に生かしていきたいと思います。

■園児の在園している時間帯での見学は難しい事が多いのですが、今回は園長先生をはじめ皆様のご協力のもと、生きた空間を見学させていただき、貴重な体験をさせていただきました。

ふじようちえんの皆様及び手塚事務所方々に御礼申し上げます。

(企画係)